収納が苦手でも簡単、かくしてすっきり収納【スタッフのコーディネート実例】

片づけが苦手なIさんは、「かくしてすっきり見せる収納」をテーマに家具を選定。大容量の収納家具で、いつでもリビング・ダイニングをすっきりきれいに保つことができるそうです。

2018/05/29

大容量の壁面収納でかくしてしまう

福岡ショールームスタッフ I邸

[Profile]

IDC OTSUKA STAFF/H.I・福岡ショールーム

家族構成/夫、妻

住まい/福岡県北九州市

間取り/マンション・3LDK(LD14帖)

 

片づけが苦手なIさんは、テレビボードを大容量の壁面収納にし、かくしてしまう収納スタイルにしています。中が見えない扉付きなので、多少乱雑にしまっても、扉さえ閉めてしまえばリビングはすっきり。お気に入りのファブリックソファ周りが雑然とせず、ゆったりとくつろぐことができるそうです。さらに壁面収納上部と梁下の隙間に間接照明を置き、奥行の感じられる空間演出をしています。ダイニングにはスチールと籐の異素材をミックスしたダイニングセットと、Alice-Blueオリジナルのユニット収納「Shin」を、サイドボード兼パソコンデスクとして配置しています。ダイニングセットとサイドボードの素材を壁にかけたアートの額縁にも使い統一感を持たせています。空間の壁面を有効活用した収納術と、コーディネートへの気配りが感じられるI邸でした。

 

Alice-Blueオリジナルユニット収納「Shin」についてはこちら

インテリアのはなし

インテリアのはなし編集部

Alice-Blueのインテリアのはなし編集部では、家具の選び方やレイアウトのコツ、お手入れ方法などインテリアについてのお役立ち情報をお届けしています。

Recommended/おすすめ記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

インテリアのはなしの最新の話題をお届けします。

ページTOPへ戻る